2010年01月11日

『一度だけ抱きしめて』

電話のあとの空しさ
また言えなかった言葉を
ぼんやりとつぶやいては
ソファーの上 うずくまった

テレビから流れる
CMのこの曲を聞くとね
楽しそうに歌ってた
あなたの顔が浮かんでくるよ

☆私はあなたにとって
必要な女でしょうか
明日いなくなったとしたら
泣いて 探してくれますか

何回もの「好き」よりも
一度だけ抱きしめて

紛らわすために ひとり
部屋を出て 歩いてみても
つないでた左の手の軽さを
また 感じるだけ

「寂しいよ」って言えない
「辛いよ」なんて もっと言えない
強いのかな 弱いのかな
わからない 教えてよ

★あなたは私にとって
絶対に必要な人だから
愛してるから寂しくて
会いたいから泣くの

あの温度に包まれたい
あの目で話しかけてほしい
遠い遠い距離は
思いを強くさせる ねぇ

★repeat

☆repeat

何回もの「好き」よりも
一度だけ抱きしめて

何回もの「好き」よりも
ねぇ 抱きしめてよ
posted by ゆみ at 13:00 | Comment(0) | ゆみの詩。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

『ずっとそばにいて』

ねぇまだ 愛してますか?
何度も何度も聞けないから
今夜 また夢の中
あなたを追いかけ 想い巡らす

不安じゃないって言ったら 嘘になるから
たまにわがまま言って
あなたを困らせたくなるの
私の悪い癖だよね

いっそ このままずっと
私のそばにいると誓ってくれたのなら
窓の外 白い雪
今この街走って 会いに行きたいよ
お願い 聞かせて

街の灯り反射して
輝くこの道さかのぼれば
見える あの頃の私が
離れていくことに怯えてた

ただただ信じられたら どんなにいいだろう
想いが溢れるたび
どうしようもなく怖くなるの
こんなんじゃ駄目だってことも

どうか このままずっと
私のそばにいると誓ってくれませんか
窓をそっと叩いて
降り積もってゆく雪 滲んでは消えてく
お願い 聞かせて

そう 私には今
あなたしかいなくて
本当はいつも不安で
だからそばにいたくて
そばにいてほしくて
あなたには

どうか このままずっと
私のそばにいると誓ってくれませんか
窓をそっと叩いて
降り積もってゆく雪 滲んでは消えてゆく
お願い 聞かせて

聞かせて
ずっとそばにいて
posted by ゆみ at 13:43 | Comment(0) | ゆみの詩。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

『Forever Wing』

高く舞い上がる もう誰もつかめない
青に守られて 
空は白い羽を包んだ

心の真ん中を支配した傷さえ

今 ここに立ち
今 ここにある全てのもの
この両手で強く ぎゅっと抱きしめたいの
遠く遠くずっと 夢見てた瞬間が来たの
離さない 渡さない 誰にだって

光のあるほうへ 迷わず進んでく
たとえ風にさらわれても
決して見失わない

あの日の私が何度呼び止めようと

今 私から
今 新しい私へ変わる
この瞳が見たこともない世界には
遠く遠くずっと 夢見てた現実があるの
離さない 失くさない いつまでも

ねぇお願い 見守り続けて
永遠に飛び続けたい
もしも羽を失くしたなら
もうここへは戻れないと
私が私に囁きかけるの 

今 ここに立ち
今 ここにある全てのもの
この両手で強く ぎゅっと抱きしめたいの
遠く遠くずっと 夢見てた瞬間が来たの
離さない 渡したくない

今 私から
今 新しい私へ変わる
離さない 失くさない いつまでも

いつまでも
posted by ゆみ at 00:36 | Comment(0) | ゆみの詩。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
に

ほんブログ村 音楽ブログ 女性ヴォーカルへ
にほんブログ村

増田ゆみ★キマグレBLOG★TOPに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。