2011年07月14日

久々すぎる深い話。

※注:今日の日記は長めですハートたち(複数ハート)


こんばんわんこ!

・・・。

この前、コメントいただいて改めて・・・

このブログの音楽ネタの少なさに驚いた。

歌うたいのブログなのに。

教えてくれてありがとうございます。w

音楽ネタ・・ネタ・・。

そうだな。。

考えれば考えるほど、どうでもいいくだらないことばかり思い浮かぶよ。w



一応ね、歌を歌い始めて初ライブやってからもう12年目なのだ。

今でも音楽でご飯食べれてるわけじゃないんだけど。。泣

なんか身近すぎて、時間が経ち過ぎて・・
色々音楽観とか悩みとか語るの・・・恥ずかしいんだよね。w(いいのかそれで)

若い時(20歳前後)は音楽観とか、悩みとかを徒然書いてたけど。


そうだなぁ。。
私、作詞も作曲(少しだけ)もするし、ピアノもちょっとなら弾けるし、曲も雑食で色々聴くけど、
それよりも何よりも「歌うこと」が好きなんだな。
あ、だからシンガーなのか。w

だから詞は自分で絶対書きたい!とかもないし、良い作品であれば誰が作っても、どんな内容でも歌いたいって思う。

言葉が正しいかわからないけど、極論を言えば
『歌えればそれでいい』
なのです。

けど、ならばカラオケで一人で歌ってればいい。

それをナゼそこで終わらせなかったのか?

それはやっぱり、聴いてもらえる喜び・自分の歌に共感してくれる喜び・笑顔で言葉をかけてくれた時の幸せを覚えてしまったからー!!(高校生の時)

「感動しました」
とか、ライブ後に言われた日にゃぁ、涙腺ユルユルきちゃいますよ。

自分が書いた詞でも、他人が書いた詞でも、魂込めて歌うだけ。

今持ってる声で歌うだけ!(ク、クサイ?)

曲と向き合えば向き合うほど、それを傍で見ている人たちがハッとして、時間が止まって、その世界に入ってきてくれる気がする。

こっちの言いたいこと(詞にこめた想いとか)は、どーでもいいの。
わかってほしいなんて思ってもいないし。。(あ、冷たい?)

ただ私の歌を聴いて、悲しみ・切なさ・喜び、何でもいいんだけど何かしらを感じて心が動いてくれたらそれでいいのです。

日常で、心が動かされることってそんなに多くないでしょ?

そんな貴重な一瞬を自分が与えられたら、サイコーじゃないですか!

それは一瞬かもしれないけど、きっとそれはどこかで必ず残っていくと思う。

それを与えられる存在になりたいんだなぁ〜。

それは音楽じゃなくても出来るのかもしれないけど、私には歌しか出来ないから(^_^;)


趣味でやってるベリーダンスも、根本にあるのは同じこと。

まだまだ初心者のペーペーだけど。。w

いつかソロで踊ったときに、それを見た人の心を動かせたらやっぱり幸せだなぁと思うわけです。

だから、最低でも人前で自信持って踊れるようになるまでは続けようと思っております($・・)/


話が若干それたけど。。
そんな想いから。。
歌っているわけです!

もっともっとたくさんの人に歌を聴いてもらいたい!
という野望は未だ消えず。。
歌っていくのであります。


と。。
まぁ前にも同じようなこと書きましたが、また語ってみました。w

長くなりました。w

最後まで読んでくれた方!

ありがとうございます


いつかまた、深〜い話を。。


たぶん。w

posted by ゆみ at 18:00 | Comment(2) | 音楽のこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そーですかー。
ゆみさん、芸術家なんですね。
聴く人見る人に何かを感じてほしい……。
音楽って、自然と耳に入ってきますからね。
それで、感動させられたら、最高ですよね。
私の得意分野の文学では、能動的に読まないと、感じてもらえない。音楽は、受動的に感じられますから。
その点、音楽の方が、積極的芸術なのかもしれませんね。
Posted by Pearsword at 2011年07月15日 06:40
>Pearswordさん
こんにちは!
おそくなりました(>_<)

なるほど。。
積極的芸術・・
確かにそうかもしれないとコメントを読んで思いました。
でもって、音楽って街中にも生活の中にも溢れていますからね。
誰にとっても身近なものであり。。
だからこそ聴いてほしいっていうのもあります(●^o^●)
音楽は不滅です!w
Posted by ゆみ at 2011年07月25日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
に

ほんブログ村 音楽ブログ 女性ヴォーカルへ
にほんブログ村

増田ゆみ★キマグレBLOG★TOPに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。