2011年05月13日

『君はもう僕のものじゃないから』

傘の花が咲く午後 君の好きな缶コーヒー
差し出す僕の横でうつむく君

今日もあいつの前で 素直になれないまま
飛び出してここまで来たんだろう
僕の気持ちも知らないで
なんてゼッタイ言わないけど

好きなだけ泣きなよ 
何時間でも待つよ
笑顔取り戻せるまで 
僕がそばにいるから

雨粒で隠した涙 思い返す
傘ひとつ 寄り添うふたり
そう 君はあいつのもの
僕のものじゃないから

雨音に消されてく高架下 涙声
使い慣れた言葉しか出てこない僕 

あいつのことどれだけ好きかってこともね
泣き顔見ればわかっちゃうから
目を合わさずに話しかける僕
君はどう思ってるの

いっそのこと 好きだと言ってしまいたいよ
だけどいつもの僕じゃなきゃ 
そう 笑顔にできない
 
あと数センチだけ 
君への距離がくやしい
ホントはこのまま抱きしめたいくらいなのに

自信ないよ このままじゃ
いつか君を奪いそうで

いっそのこと 好きだと言ってしまいたいよ
だけどいつもの僕じゃなきゃ 
そう 笑顔にできない

ずっとずっと好きだと 心で叫んでも
届かない 伝えられない
そう 君はあいつのもの
僕のものじゃないから

posted by ゆみ at 21:06 | Comment(2) | ゆみの詩。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい詩ですね。
情景が目に浮かぶようです。
切ない僕の気持ち。
あいつと喧嘩して泣いている君。
雨の中のひとつの傘。

どんな歌か聴いてみたい。

いい詩ですね。
Posted by Pearsword at 2011年05月14日 17:29
Pearswordさん
こんばんは!
ありがとうございます☆嬉しいです♪( ´θ`)ノ
実はこれ曲あるんですよー。
レコも終わってます。
そのうち試聴出来るようにするかもです。
その時は是非聞いてくださいませ!
Posted by ゆみ at 2011年05月16日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
に

ほんブログ村 音楽ブログ 女性ヴォーカルへ
にほんブログ村

増田ゆみ★キマグレBLOG★TOPに戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。